マンション・ビル改修工事

改修工事の時期

マンション・ビルのメンテナンス

マンションやビルは長期間メンテナンスをしなければ、あらゆる箇所が劣化し資産価値を落としてしまいます。年数を重ねた物件は、見た目だけでなく内部にも劣化が進んでいます。劣化の進行状況はそれぞれの箇所によっても異なってきますので、改修時期を目安に早めの改修工事を行うことをオススメしています。

リニューアル箇所の時期

リニューアル箇所
改修場所 改修時期の目安
外壁(塗装・タイル等の補修) 約8~15年
屋上(防水の補修) 約10~15年
天井(天井部の塗装) 約5~10年
床面(床やベランダ等の防水の補修) 約10~15年
鉄部(手摺や玄関等の塗装) 約10~20年

改修工事の流れ

1.建物調査・診断
お客様からご依頼を頂いた後、専門のスタッフがご要望に応じてマンションやビルの調査・診断を行ないます。
2.調査報告書・見積書
調査結果から最善の竣工仕様や工法を決めます。調査報告書と見積書を作成致します。
3.説明と打合せ
お客様に調査結果と見積書の内容についての説明・打合せを行い、ご要望にあわせた修繕範囲や内容を決めます。
4.工事請負契約
お客様から同意を頂き、工事請負契約を結びます。
5.工事説明会
お客様に工事内容や注意事項の詳細についてご説明させて頂きます。
6.近隣挨拶
近隣住民の皆様にご挨拶と工事の説明をさせて頂きます。
7.工事着工
事前準備が全て完了した後、施工契約書に従い着工します。
8.工程検査
工程ごとに仕様書に従い社内スタッフが細かくチェックします。
9.竣工検査
竣工後に再度厳しく全ての工程をチェックをします。
10.お引渡し
竣工後の建物のお引渡し、保証書、工事工程写真等の書類をお渡しします。
11.アフターサービス
引渡し後も定期的に建物の点検に伺います。

マンション・ビル改修工事の施工事例はこちら

ロイズプランニングへのお問い合わせはこちらまで

お問い合わせフォーム